Bom dia!

先日学校の近所で朝死体が転がっていたらしいです。
明け方のことで、顔とか何発も撃たれていたらしい。
通勤途中の先生たちは死体を見たらしいです。

私は言葉がわからないので先生たちの世間話が聞き取れないし、
さらに自分で月1万も払いNHKを契約してそればかり見ていますので
(ふだんお金使うことないがこれにだけはケチらず使っている心の支え)
全然知らなくて、日本人学校の先生に教えてもらいました。

こういうことたまにあるみたい。

日本のよいところは安全なところだと外国で住んでみて思います。
私は日本で通勤途中に死体に遭遇したことはないからです。




さて、全然話変わりますが、

先週6年生のリビアが授業中に、
「先生5年生の授業ではめっちゃやさしくて楽しそうやったやん!うちらの時と全然違うやん!」と言ってきました。
(私の中でポルトガル語は関西弁に翻訳されます)

リビアは先日テストの日に早退しなければならないということで、
5年生の授業中に教室のすみでテストを受けていました。

リビア、、、!そんなこと思ってたのか!!!

5年生は人数も少なくわきあいあいと楽しくやっています。

が、

6年生は人数も多くめちゃくちゃうるさく、
私の力では全然制御できず悩みの種となっています。。。

ポルトガル語でめちゃくちゃしゃべりまくり歌いまくり踊りまくります。
(授業中、、、、なんだけど、、、145.png
私の語学力ではせいぜい「Silencio!(しずかに)」ぐらいしか言えず、
まあもちろんそんなこと聞くわけもなく。。。

なのでなかなか授業もすすまないし、でもテストのために進めなければならず
いつも怒ってなんとかすすめています。
楽しい活動もあまり入れる余裕がない。

でも今日リビアに言われてはっとしました。

そうか、話を聞いてほしかったのか。

日本語の授業だから日本語で話しなさい、っていうのが正しいのだろうけど、
彼女たちはまだ「あれはなんですか」ぐらいしか勉強していないので、
日本語で会話することは難しい。
じゃあ黙って授業受けなさい、ってすればいいのかもしれないけど、
でも私は日本語の先生である前に学校の先生なのです。

まだ6年生なんだし、そりゃ話を聞いてほしいよね。。。
いつも自分たちのクラスで起こったこととかいろいろ話してくれるのに、
私はポルトガル語がわからなくて理解してあげることができません。
それどころか「しずかにしろ!」と言うばかり。。。

もう10か月になるのに、ポルトガル語はまだまだ難しいです。
私には語学の才能がない。
でもそのせいで生徒にさびしい思いをさせてしまっていました。

彼女たちは常々、私の前任のボランティアの先生のことを
「世界で一番すてきな先生!」
と言っています。
私も会ったことあるけど、ポルトガル語はネイティブなみに上手だったし
楽しい授業をしようとよく勉強してる人でした。
(私は会った時にポルトガル語の勉強時間がたりなすぎる。
 ジョゼフィーナ校を甘くみてはいけない!と忠告されました)

生徒たちの話もいっぱい聞いてあげられたんだろうなあ。。。
世界一の先生の後任の私ができることは何か?

これは私がふだんの自分を反省する一件となりました。

才能ないけど(時間もないが、、)、ポルトガル語もっと勉強しないといけない!

私は学校の先生なのだから。



今日写真ないので最後に食べ物の写真を。

c0383381_19165061.jpg
こちらのホットドッグです。

c0383381_19193081.jpg
Feira de matematica (算数市場)という生徒と保護者がお店を出して
実際に買い物してお金の計算を学ぶという行事で買いました。

ホットドッグ(熱い犬)はポルトガル語でもcachorro quente(熱い犬)といいますが、
なぜかアマゾン地域は「キカン」と言います。
ウインナーは輪切りでソースに生クリームも入ってて少し違います。

日本の20倍以上あるブラジルは方言もさまざまです。

そういえば今日はワールドカップの開会式ですね~
ここ最近は街には国旗がいっぱいだし、
生徒は応援グッズを身に着けて登校しています。

昨日はなぜ開会式なのに学校は休みじゃないのか、と保護者と学校がもめていました。
(試合の日は休み)
今日の体育の授業は私もブラジルのユニフォームでやろうと思います。

Tchau!









他の隊員のブログが見れます





[PR]
# by aya_riyama | 2018-06-14 19:25 | Comments(0)

Bom dia!

タイトル通りリオデジャネイロマラソン走ってきました!
(ハーフだけど、、、気づいたら申し込みいっぱいになってて、、、)

c0383381_08565041.jpg


海外レースを走ってみたいと思っていましたが、
申し込み、キット受け取りなど、外国のレースに出るのはとても難しいということがわかりました。
何より申し込みのホームページが読めない。119.png

出場の仕方を開設したホームページなどつくったら需要あるのではと思いました。

たくさんの人に助けてもらって出ることができました。
ブラジルの人たちは本当に親切な人が多いと思います。
自分も日本で返していきたい、返していかなければ、と思います。

でもそれでも一度は走ってほしいリオデジャネイロマラソン。

コパカバーナビーチ、イパネマビーチ、ほんとにきれいでブラジル人が海好きな理由がわかります。

c0383381_08570628.jpg

最後はコルコバードのキリスト像に見守られながら、

c0383381_08562407.jpg


ポン・ジ・アスーカルをバックに走ります。

c0383381_08552934.jpg

どこを見てもリオデジャネイロのガイドブックにのっているような場所ばかりを通ることができるし、

何よりブラジル人のテンションが最高でした。

5kmぐらいで、「もう終わりだぞ!」とか言い出す人いるし、

日本のマラソン大会では見かけないような太った人も、
そんなの気にしないでマラソンを楽しんでいます。

治安の悪いマナウスで練習するのは本当に大変で、
朝6時前から仕事して終わってからタクシーに乗りお金持ちが走る公園に行き、
そこで10km走り帰ってから倒れるように寝て、
朝4時頃起きる日々。。。

4月5月は月一で発熱し、月100kmの練習を達成できたのも5月のみでした。
もう練習やめたいと何度思ったことか、、、
でも最低5月だけでも月100km走らないと当日つらすぎると思いがんばりました145.png

当日は寝坊して、同じくぎりぎりだったブラジル人ランナーの子と
一緒にタクシー相乗りさせてもらったのですが、
(彼女はもう3度目でぎりぎりの行き方を知ってた)
「あんなつらい練習に耐えたんだから、本番は楽しむのよ」って言ってて、
そうだ、リオを楽しむのだ、と思いました。

リオは美しくて、21kmあっというまでした。
記録を狙っていたわけではないし、
(狙える練習ができていなかった)
1km1kmを大切に走りました。終わってしまうのがもったいなかったなあ。。。
すごく楽しい21kmでした。

海外マラソンに出てみて、日本のマラソン大会はほんとに組織化されているなということが改めてわかりました。
でもそれでも、今後もいろんな海外レースに出てみたいです。

退職したら海外レースをまわるのが夢です。
元気に歳をとりたいな~。

学期末で忙しいのでこのへんで!

Tchau!









他のJICAボランティアのブログを読むことができます。



[PR]
# by aya_riyama | 2018-06-06 09:07 | Comments(0)

ガソリンがない

Bom dia!

ブラジルはトラック運転手のストで大変です。
日本ではストライキってあんまり聞いたことなかったけど、ここブラジルではストライキがとても多いです。

「ストライキ」「ブラジル」で検索すると、
日本語の記事も出てくると思います。

以下そのスクリーンショットです。


c0383381_12300247.png

c0383381_12302296.png
c0383381_12303248.png





先週サンパウロに先輩隊員の帰国報告会などのため出張してたのですが、
飛行機が多数欠航、遅延して大変でした。
深夜なんとかマナウスにたどりつき数時間寝て運動会で死にそうでした103.png

アマゾンにいるとあまり影響を感じないけど
(サンパウロからマナウスは、東京からグアムより遠い。。。)

私が心配しているのは週末のリオデジャネイロマラソンです。

このために月間100kmの練習を積んできたのにもし飛行機が欠航して走れなかったら、、?145.png145.png145.png

祈ってください!!

Tchau!




他のJICAボランティアのブログが読めます




[PR]
# by aya_riyama | 2018-05-31 00:36 | Comments(0)

グループ活動

Bom dia!

気づけば5月も終わり。。。

5月は行事が多く休日出勤も多いし、
さらに五月末に一週間のサンパウロ出張があるため
(先輩隊員の帰国報告を聞いたり健康診断を受けたりする)
普通の授業をしながら、出張中の一週間分の授業準備をしたり、
その後テスト期間に入るのでテストも早めにつくって校長決済にまわさねばならず、
いろんなことを頭の中で平行して考えて仕事しなければならず忙しかったです。

現職教員の方ならわかってもらえると思うんですけど
一週間分の授業を他の先生にやってもらうために準備するって大変ですよね…?

疲れてスーパーに行くのがめんどうになり
ていうかスーパー往復徒歩で1km以上あるんですよね、
(JICAは自転車、バス禁止145.png
それを気温30℃の中、買ったものを背負って歩かねばならずつい行くのがおろそかになってしまう。。

近くに食べるところもなく、市内までは片道10km、
(繰り返しますがJICAは自転車、バス禁止145.png
家に食べるものがないけどスーパーに行く気力もなく、
常におなかがすいていました。

日本はコンビニがあってよかったな~
スーパーに行けばおそうざいが売っててよかったな~

あー、つい愚痴になってしまいました。

そして今月はタイトルのグループ活動というものもありました。
これは、各授業で、生徒がグループで調べ学習をして発表する、というものです。
他の教科の活動がよくわかんないのでまた見学したいのですが、
今回日本語は
7,8,9年生が、華道とか柔道とか『道』がつくものを調べて発表する、で、
4、5年生は日本の運動会の種目を調べて発表する、でした。

全てポルトガル語ですすんでいくし、採点基準もよくわからないので
採点は他の先生にまかせてるんですが、
時間があまった場合「あや先生なにかありますか?」という緊急事態が起きます。

私、急にそんなこと言われて何かできるような引き出しもってないんですけど…
てゆうかそういうの一番弱いんですけど…
(JICAボランティアにはこういうの強い人が応募する傾向にある気がしますね、
 でもたまに私みたいのもいます。)

学期ごとにあるグループ活動、前回の活動で
4年生の教室でえんえんとじゃんけん列車をアカペラで熱唱した反省をふまえ103.png
(まあ生徒は楽しそうだったが)、
今回はもし時間があまったら、という準備をしておくことにしました。

c0383381_10572850.jpg
玉入れについて調べて実演する5年生。。
たのしそう。。


4、5年生の授業では、日本では保育園から高校までほとんどどこの学校でも運動会があるんだよー
と言って自分がこどもの頃の運動会の写真を見せました。

c0383381_11101002.jpg
保育園時代の私。
顔に玉があたってるみたいになってるやつ。


「え!?これ先生なの!?(ポルトガル語)」
とこどもたちはもりあがってくれたし、
「かわいい~!」と日本語で言ってくれたりしてうれしかったです。

いろんな意見があると思うんですが、
私は自分の人生教材タイプの教員です。

これ授業にいいかもと思うとなんでも使います。
自分の写真とか、友達の話とか、自分の身の回りに起こったこととかなんでも話してしまいます。

だから私の授業を受けている生徒たちは私のことを本当によく知っているし、
私の最大の理解者のような気がします。
(好きか嫌いかはおいといて、、、103.png

ブラジルに行く前にもらった寄せ書きに、
「びっくりしたけど先生らしいなと思いました」って書いてあるのを読んだ時に、
あー、すごくよく私のことわかってくれてるなあ、私って恵まれているなあって思いました。

このスタイルは、私が高校生のころ、こういう先生がいて、私はその先生のことがすごく好きだったから、
それをまねしています。

それまでは学校の先生って頭がよくて、学校が好きで、なんていうか自分たちとは違うかんぺきな人間がなっている職業のように思ってて、きっと学校が嫌いだったり、なんかうまくいかないなってことばっかりで、全然学校が楽しくない私みたいな生徒の気持ちなんてわからないような人がなっている職業だと思っていました。

でも高校の時に出会った先生は、自分が学生時代のころの話とか、
その時悩んでたこととか、がんばってたこととか、
そして今の先生の家族のこととか、今の先生の悩みとか、好きなこととか、
いろいろ話してくれて、なんか先生も人間なんだなあと思えて親しみがわきました。

すてきな人だなあと思って、その頃の私は大人になんてなりたくないなあと思っていたけど、
先生みたいな大人にならなりたいなと思いました。

なのでそれをまねしています。
日本への興味がわいたらいいなと思います。

そして9年生(中三)の授業では同じJICAボランティアの同期で
生け花の先生と剣道の先生がいるのでビデオで出演してもらいました。

c0383381_10585939.jpg
まなえちゃんの剣道の練習風景を見る生徒。

c0383381_10591890.jpg
生け花隊員みづき先生のビデオ授業を見る生徒たち。


準備期間が一週間ない中つくってくれた~!
ほんとありがたかった~!145.png

なかなか実際に見る機会がないし、先生の同僚が話すっていうのが、
ただネットの知識で見るのとは違うように思います。

これも見せる時に、
私はずっと外国で働いてみたいなって思ってて、
特にブラジルは地球の反対側にあって、世界で一番遠いところだし、
あとアマゾン川はテレビでもよく見たりしてて、
あー、いつか行ってみたいなってずっと思ってて、
だから試験受けて、そして夢がかなって今ここにいるんだよ、
だから今私は夢の中で生きてるみたいで、毎日とっても幸せなんだよね、
っていう話をして、そして同じような思いのボランティアがブラジルにはたくさんいて、
その中に剣道の先生と生け花の先生もいて、
その二人がビデオをつくってくれたよ、って言って見せました。

自分の思いとか、あんまり話す機会がなかったし、
つたないポルトガル語だから、ちゃんと伝わったかわからないけど、、、

日本を出てくる時も生徒に話したけれど、
私はいつまでたっても生徒に夢とか語れるような大人でいたいと思うし、
いろいろあるけど、人生は楽しいよっていえるような大人になりたいです。

かと言って見たかんじ即、熱血先生だ!みたいのは自分が高校生の時ちょっと無理だったので、
見た目はふつうだけど実は中身熱い先生みたいのが理想です。

その点私は見た目の印象が超うすくすぐには覚えてもらえない顔立ちなので
あんまり見たかんじ熱血に見えないのでそれは長所と思っています。
(本当は石田ゆり子みたいな顔になりたいけど)

以前担任した生徒に、
「先生って実は熱いですよね」と言われた時はうれしかったです。

今回の授業も、生徒が日本に興味を持つきっかけになったらうれしいなと思うし、
こういう人もいるんだなあって思ってもらえたらいいなと思います。

Tchau!






他のJICAボランティアのブログを読むことができます。


にほんブログ村


[PR]
# by aya_riyama | 2018-05-23 09:00 | Comments(0)

運動会

Bom dia!

土曜日に運動会がありました。
日本もこの時期の運動会多いですよね。

ブラジル学校には運動会はないみたいですがうちは日系学校なのであるらしいです。

今週は1年生から3年生で、来週4年生から中学3年生があります。
というか来週だと思ってたら、来週は模試が入ったから再来週に変わったらしいです。

これは偶然生徒の連絡帳を見て知ったのですが、
知らなかったら来週運動会の格好で来るところだった。。。

ブラジル学校は(ここしか知らないけど)職員会議がないので、
行事の日程変更とか噂で知るしかありません。
私は噂を聞き取れるリスニング力ないんだけど。。。

日本は会議しすぎだと思いますがブラジルはもう少ししたほうがよい気がします。。。103.png
当日の係が何かもわからないので校長先生に聞いたら
「タングラム」の係だと言われました。

タングラムってなんぞや?

そういう説明もないのでとりあえず不安ながら当日を迎えるしかありません。

c0383381_11384179.jpg

学年をシャッフルして8つの色のチームに別れます。
みんなそれぞれの色のTシャツを前日までに学校で購入します。

タングラムは
c0383381_11393625.jpg

パズルでした。

運動会なのに室内、、、?
他にももう一つ室内競技があったみたいでした。
これは各チーム(20人ぐらいいる)で二人だけ挑戦できます。

ルールを聞き取れず間違えて他の先生に注意されました。
うーん、いつまでたっても語学はポンコツだ、、、
先生たちの会話は難しく、こういう行事ごとになると自分の語学力が低すぎて
会話がわからず孤独な気持ちになります。。。

ていうか実は先週はまた発熱し、
木曜の幼稚園を休むということになってしまい、
なのに土曜日も運動会で出勤であまり元気がなく積極性が失われた状態であったので、
なおさら入っていく元気がありませんでした。

月一で高熱が出ます145.png
アマゾンは過酷だなあ~
そして日本みたいに土曜出勤したら月曜休み、みたいなシステムもなくただ連勤になるだけです。

先週は日曜は母の日の行事で出勤し土曜は運動会で出勤し7連勤だった145.png

あ、タングラムに戻ります。
「担当の色が正解したら手をあげて知らせてください」と言われました。
(私はみどり組の担当)

しかし事前打ち合わせもないため
どれが正解かわからんっていう。。。

なんておおらか!
こどもたちが来る前にあわててスマホでこたえを検索しました。

そしてこのタングラムは30分ぐらいで終わりました。

競技は日本と同じのもあったし、オリジナルなのもたくさんありました。

お父さん種目、棒引き(日本名がわからない)

c0383381_11555323.jpg

綱引き

c0383381_11531009.jpg

ミニマラソン
なぜか手をつないで走る。。。
これは教員バージョン。
まんなかあたりに私がいます。

c0383381_11375566.jpg

日本の運動会で育ったものとしてはいろいろとつっこみどころ満載なのですが、
勝ち負けとか応援とか、
全身で表現するブラジルの人たちを見てると、
なんかつられて楽しくなってくるから不思議。。。

そういえば司会は校長先生ともうひとりの先生でやってました。
司会っていうか実況みたい。
サッカー中継みたいなかんじでもりあがってました。
とても上手!

校長先生はみんなのまえに出てくることも多いし、
日本みたいに遠いかんじじゃなくて、
校長先生は400人以上いる生徒たちの名まえをほぼ覚えてるんじゃないかと思います。

「〇〇ちゃんが再試になったんですけど、、、」と
再試の用紙を校長室にもっていくと、
「え!〇〇が!?」とか
「あ~〇〇か~!(またか~!)」とか
すごくよく生徒のこと知ってて、とても素敵だなと思います。

それにしても日本みたいに紫外線完全防備という文化がいないので
帰宅したらものすごい日焼けでした。

これが将来のシミになるのだろうか。。。

Tchau!



他のJICAボランティアのブログを読むことができます。


にほんブログ村





[PR]
# by aya_riyama | 2018-05-16 09:00 | Comments(2)